LD等発達障害児・者親の会「けやき」 会則

 理念
障害を持つすべての人々の人格が尊重され、生き生きと生活できる社会の実現を目指します。


規約

1.名称
@本会の名称を、LD等発達障害児・者親の会「けやき」とする。
A本会の事務局を会長宅に設置する。

2.目的
○本会はLD(学習障害)をはじめとする発達障害児・者あるいはその周辺の子ども達(以下発達障害児・者等と略す)が、一人一人に適した教育を受け、就労し、自立していくことを援助する。

3.活動内容
@下記をはじめとして、会の目的を達成するために、会員は積極的に会の活動に参加する。
A社会・行政に広く理解を求め、研究・対策等適切な措置が行われるよう働きかける。
B発達障害児・者等の教育・医療・地域活動・就労・行政等々の情報を収集し公開する。
C遊びや学びを通し、子ども達が交流し、共に成長できる環境を作っていく。
D親同士が積極的に交流を図り、相互に理解を深めると共に、自らに気づき行動していく力を養う。
E子の社会的・経済的・精神的自立を図るための勉強を行う。
F子の自活のため、社会参加の場をひろめるよう活動する。
G他の関係諸団体との交流を図る。

4.会員の種類
@本会は、正会員、通信会員、賛助会員およびボランティア会員で構成する。
A正会員は発達障害児・者等をもつ親・保護者またはそれに代わる人とする。
B通信会員は原則として東京都在住以外の発達障害児・者等をもつ親・保護者またはそれに代わる人で、機関紙送付のみを希望する人とする。
C賛助会員は親・保護者またはそれに代わる人以外で、本会の活動目的や趣旨に賛同していただける人とする。
Dボランティア会員は本会の活動目的や趣旨に賛同していただける人で、ボランティアの立場で活動に積極的に参加していただける人とする。

5.入会金
○新規入会金は、徴収しない。

6.会費
@正会員は年間5,000円、通信会員は1,000円の会費を納入する。ただし、11月1日以降入会の新規正会員については3,000円とする。
A賛助会員の賛助金は一口3,500円とし、一口以上の納入をお願いする。
Bボランティア会員の会費は徴収しない。

7.総会および役員会
○総会は年1回以上開催し、役員会は随時開催する。

8.役員
@役員は、会長、副会長、渉外、広報、書記、会計、編集、会計監査、自主グループ代表とする。
A役員の任期は、4月1日から翌年3月31日までの1年間とする。ただし再任は妨げない。

9.会計
@本会の会計は、会費、賛助金、各種助成金、寄付金等によって行う。
A本会の会計より各自主グループに活動費を支出するが、年度末の残金は次年度の本会会計に繰り入れる。また、この活動費の算出基準となる各グループの人員は、その年度の10月末日をもって確定する。
B正会員、賛助会員およびボランティア会員以外の者が本会主催の例会等に参加する場合は、資料代として1回につき1,000円を負担するものとする。


付則

1.会則の施行日    1993年4月 1日
2.会則の一部改正  1995年5月 1日
3.会則の一部改正  1997年4月13日
4.会則の一部改正  2000年4月 8日
5.会則の一部改正  2001年4月21日
6.会則の一部改正  2002年5月25日
7.会則の一部改正  2005年4月16日
8.会則の一部改正  2012年4月21日 (規約1.@の項 名称変更)
9.会則の一部改正  2015年4月25日 (規約5.入会金について 6.@正会員会費変更)


確認・申し合わせ事項

1.会員名簿
@全会員に配布する名簿については、個人情報保護の観点から、必要最小限の記載とする。
A会員氏名の記載は、会員の希望に従い保護者全員またはどちらか一方とする。
B会の目的以外には使用しないこと。

2.電話による連絡網
@会全体としての電話連絡網は作成しない。
A自主グループにて自主的に作ることは差し支えないが、その利用については必要最小限にとどめ、会の活動目的以外には使用しないこと。

3.会員への連絡方法
@例会や活動案内、機関紙については原則として郵送で行う。
A自主グループの活動の連絡については、各グループの責任で行う。
Bインターネットや電子メールでの連絡方法も積極的に活用する。
C一方的に情報を受けるだけでなく、相互扶助の精神で進めていくこと。



inserted by FC2 system